2018年7月25日水曜日

MySQL 8.0でLOAD DATA LOCAL INFILEが "ERROR 1148 (42000): The used command is not allowed with this MySQL version" で失敗する時

TL;DR


吊るしのMySQL 8.0で mysql コマンドラインクライアントから LOAD DATA LOCAL INFILE を実行すると転けます。
mysql80 125> LOAD DATA LOCAL INFILE '/tmp/aaa' INTO TABLE t1;
ERROR 1148 (42000): The used command is not allowed with this MySQL version
LODA DATA LOCAL INFILE を実行するには2つの条件が必要で、
  1. LOAD DATA LOCAL INFILE を実行するコネクションに CLIENT_LOCAL_FILES ケーパビリティー(オプションだと思って)が設定されていること
  2. サーバー側で opt_local_infile が設定されていること
2.mysqldlocal_infile オプションなのでわかりやすい。単にデフォルトが5.7とそれ以前の “1” から8.0では “0” に変わったというだけ。
再起動しなくても SET GLOBALSET PERSIST で設定できる。
mysql80 125> SELECT @@local_infile;
+----------------+
| @@local_infile |
+----------------+
|              0 |
+----------------+
1 row in set (0.00 sec)

mysql80 125> SET PERSIST local_infile= 1;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql80 125> SELECT @@local_infile;
+----------------+
| @@local_infile |
+----------------+
|              1 |
+----------------+
1 row in set (0.00 sec)
サーバー側( 2. )だけ満たされていても、コネクションに CLIENT_LOCAL_FILES ケーパビリティー( 1. )はついてないのでやっぱり転ける。
同じエラーなので見分けにくい。
mysql80 125> LOAD DATA LOCAL INFILE '/tmp/aaa' INTO TABLE t1;
ERROR 1148 (42000): The used command is not allowed with this MySQL version
1. が満たされているかどうかをgdbを使わずに確かめる方法が見当たらなかったのだけれど、 mysql コマンドラインクライアントであれば —local-infile オプションを有効にするとこのケーパビリティーのフラグが立つ。ただし接続しながら変えることはできないのでこっちは切断してから再接続する。
$ mysql80 --local-infile=1
mysql80> use d1
mysql80 132> LOAD DATA LOCAL INFILE '/tmp/md5' INTO TABLE t1;
サーバーサイドのlocal_infileとクライアントサイドのlocal_infileがそれぞれ別で、それぞれ暗黙のデフォルトが0になったから両方で指定しないといけないよ、というお話でした
ちなみにConnector/Cなら mysql_real_connect を呼ぶときに client_flagCLIENT_LOCAL_FILESを立てるか、 mysql_optionsMYSQL_OPT_LOCAL_INFILE を有効にしてやればおk。

2018年7月12日木曜日

CREATE USER .. DEFAULT ROLE .. で指定すると一発でROLEも許可される

TL;DR

mysql> CREATE USER hoge@xxx.xxx.xxx.xxx IDENTIFIED BY 'password';
mysql> GRANT hoge_role TO hoge@xxx.xxx.xxx.xxx;
mysql> ALTER USER hoge@xxx.xxx.xxx.xxx DEFAULT ROLE hoge_role;
mysql> CREATE USER hoge@xxx.xxx.xxx.xxx IDENTIFIED BY 'password' DEFAULT ROLE hoge_role;
は同じ状態になる。
当たり前といえば当たり前なんだけど、ちょっと感動したのでメモ。

MySQL 8.0で追加されたROLEの話は↓の記事。
ロールを作ってから
  1. ユーザー作る
  2. ロールを許可する
  3. デフォルトロール設定する
    でやらないといけないのかなと思ってたら一発で指定できた。

5.7とそれ以前

mysql> CREATE USER hoge@xxx.xxx.xxx.xxx IDENTIFIED BY 'password';
mysql> GRANT ALL ON hogedb.* TO hoge@xxx.xxx.xxx.xxx;
mysql> GRANT ALL ON fugadb.* TO hoge@xxx.xxx.xxx.xxx;

mysql> CREATE USER hoge@xxx.xxx.xxx.yyy IDENTIFIED BY 'password';
mysql> GRANT ALL ON hogedb.* TO hoge@xxx.xxx.xxx.yyy;
mysql> GRANT ALL ON fugadb.* TO hoge@xxx.xxx.xxx.yyy;
  • APサーバーが増えるたびに CREATE USER + GRANT * スキーマ数がめんどい
    • スキーマが増減した時とか死にたくなる
      • そして mysql.db の直接変更に手を出す…
  • 「おとなしく hoge@xxx.xxx.% にしたらいいのでは?」「それな」

8.0

mysql> CREATE ROLE hoge_role;
mysql> GRANT ALL ON hogedb.* TO hoge_role;
mysql> GRANT ALL ON fugadb.* TO hoge_role;

mysql> CREATE USER hoge@xxx.xxx.xxx.xxx IDENTIFIED BY 'password' DEFAULT ROLE hoge_role;
mysql> CREATE USER hoge@xxx.xxx.xxx.yyy IDENTIFIED BY 'password' DEFAULT ROLE hoge_role;
  • 楽だ…

2018年7月2日月曜日

MySQL ShellのUpgrade CheckerをPerl 5に書き下してみたけどそんなことする必要はなかったようだ

TL;DR


MySQLの中の人が最近(?)ちょくちょく推してる Upgrade Checker だけど、MySQL Shellの機能なのでX Plugin必須かなと思ってちょっと敬遠していたのだけれど。
checkForServerUpgrade() can use either an X Protocol connection or a classic MySQL protocol connection.
ってなことで実はPerlに打ち直す必要なんてなかったことがこの記事を書いている最中に判明した。かなしい。
$ mysqlsh -S /usr/mysql/5.7.22/data/mysql.sock -uroot --mysql
Creating a Classic session to 'root@/usr%2Fmysql%2F5.7.22%2Fdata%2Fmysql.sock'
Enter password:
Fetching schema names for autocompletion... Press ^C to stop.
Your MySQL connection id is 77
Server version: 5.7.22-log Source distribution
No default schema selected; type \use <schema> to set one.
MySQL Shell 8.0.11

 MySQL  localhost  JS > util.checkForServerUpgrade();
The MySQL server at /usr%2Fmysql%2F5.7.22%2Fdata%2Fmysql.sock will now be checked for compatibility issues for upgrade to MySQL 8.0...
MySQL version: 5.7.22-log - Source distribution
...
よいこはちゃんとドキュメントを読もう、という話で終わっちゃいそうだけれど、折角書き下したのでちょっと紹介。
シンタックスが気にくわなくて直したのはいくつかあるけれど、割と素直にSQLを移植しただけなのでSQLごとにちょっと感じが違うのはある。
あと、本家はワーニングとエラーと分けられているけれど面倒だったので全部 Test::More でOKかNGかしか返さなくしちゃった。
チェック全体の流れとしてはざっとこんな感じ。
  ok(get_reserved_keywords_check(),
     "Usage of db objects with names conflicting with reserved keywords in 8.0");
  ok(get_utf8mb3_check(), "Usage of utf8mb3 charset");
  ok(get_zerofill_check(), "Usage of use ZEROFILL/display length type attributes");
  ok(Check_table_command(), "Issues reported by 'check table x for upgrade' command");
  ok(get_mysql_schema_check(), "Table names in the mysql schema conflicting with new tables in 8.0");
  ok(get_old_temporal_check(), "Usage of old temporal type");
  ok(get_foreign_key_length_check(), "Foreign key constraint names longer than 64 characters");
  ok(get_maxdb_sql_mode_flags_check(), "usage of obsolete MAXDB sql_mode flag");
  ok(get_obsolete_sql_mode_flags_check(), "get_obsolete_sql_mode_flags_check");
  ok(get_partitioned_tables_in_shared_tablespaces_check(), "Usage of partitioned tables in shared tablespaces");
  ok(get_removed_functions_check(), "get_removed_functions_check");
予約語が使われているオブジェクトがないか、utf8mb3(3バイトUTF-8)が使われているオブジェクトはないか、zerofill属性を期待している(ように思われる)データ型はないか、 CHECK TABLE .. FOR UPGRADE は通るか、8.0で新しく追加されたテーブルと競合するオブジェクトはないか、5.5とそれ以前までで使用されていた古い形式のDATETIME/TIMESTAMP型(マイクロ秒非対応の古いデータ型)はないか、64文字を超える外部キー制約はないか、古い複合sql_modeが使われているオブジェクトはないか、ibdata1に格納されているパーティションはないか、削除された関数を使っているストアドやgenerated columnはないか、をチェックしている。
具体的なSQLは、 p5-mysql-upgrade-checker--execute なしで実行するか、general_log = ON にしてMySQL Shellから実行などすると良いと思われる。
あとはREADMEにサンプル( CHECK TABLE .. FOR UPGRADE だけ可変だけど他は固定)が貼ってあるのでそれでも雰囲気は感じ取ってもらえるのではないか。
なおこの get_reserved_keywords_check は「新しく予約語になったもの」が使われていないかを探すけれど、「キーワードから予約語になって俺のスキーマを殺した row 」とかは入っていないので注意。
プルリクチャンス?

【2018/07/06 14:59】
フツーに入ってました。。

2018年5月30日水曜日

MySQL 8.0にはperformance_schema.events_statements_summary_by_digest にQUERY_SAMPLE_TEXTカラムが追加された

MySQL 5.7からMySQL 8.0でのevents_statements_summary_by_digestのカラム変更。
$ diff -y --suppress-common-lines <(mysql57 -sse "DESC p_s.events_statements_summary_by_digest")
 <(mysql80 -sse "DESC p_s.events_statements_summary_by_digest")
DIGEST  varchar(32)     YES             NULL                  | DIGEST  varchar(64)     YES             NULL
FIRST_SEEN      timestamp       NO              0000-00-00 00 | FIRST_SEEN      timestamp(6)    NO              0000-00-00 00
LAST_SEEN       timestamp       NO              0000-00-00 00 | LAST_SEEN       timestamp(6)    NO              0000-00-00 00
                                                              > QUANTILE_95     bigint(20) unsigned     NO              NULL
                                                              > QUANTILE_99     bigint(20) unsigned     NO              NULL
                                                              > QUANTILE_999    bigint(20) unsigned     NO              NULL
                                                              > QUERY_SAMPLE_TEXT       longtext        YES             NULL
                                                              > QUERY_SAMPLE_SEEN       timestamp(6)    NO              0000-
                                                              > QUERY_SAMPLE_TIMER_WAIT bigint(20) unsigned     NO
  • FISRST_SEEN, LAST_SEEN のマイクロ秒対応
  • QUANTILE_*, QUERY_SAMPLE_* カラムの追加
そのうち、 QUERY_SAMPLE_* の動作に関わる performance_schema_max_digest_sample_age のはなし。

を読む感じ、
  • performance_schema_max_digest_sample_age = 0 の時
    • “Resampling based on wait times” で、 TIMER_WAIT が現在の QUERY_SAMPLE_TIMER_WAIT を超えたらサンプルを更新する
  • performance_schema_max_digest_sample_age > 0 の時
    • 最後に QUERY_SAMPLE_* を保管した時刻から performance_schema_max_digest_sample_age 秒以上経ってまた同じダイジェストが記録された時にサンプルを更新する
という動きなようす。
サンプルは STATEMENT_DIGEST みたいなものでノーマライズされる前の生のSQL。
というわけでPKを変えながら10万回SELECTを流しながら、このテーブルを覗いてみた。
$ for n in $(seq 1 100000) ; do
> mysql80 -e "SELECT * FROM d1.t1 WHERE num = $n" > /dev/null
> done

mysql80 100022> SELECT * FROM p_s.events_statements_summary_by_digest WHERE count_star > 10\G...
*************************** 3. row ***************************
                SCHEMA_NAME: NULL
                     DIGEST: d214d5d8f31ce686d36be01a22bc7cfff76dd8b7b131644c7fcad28e76f78489
                DIGEST_TEXT: SELECT * FROM `d1` . `t1` WHERE `num` = ?
                 COUNT_STAR: 100000
             SUM_TIMER_WAIT: 18943715535000
             MIN_TIMER_WAIT: 121014000
             AVG_TIMER_WAIT: 189437000
             MAX_TIMER_WAIT: 5925412000
              SUM_LOCK_TIME: 8737613000000
                 SUM_ERRORS: 0
               SUM_WARNINGS: 0
          SUM_ROWS_AFFECTED: 0
              SUM_ROWS_SENT: 100000
          SUM_ROWS_EXAMINED: 100000
SUM_CREATED_TMP_DISK_TABLES: 0
     SUM_CREATED_TMP_TABLES: 0
       SUM_SELECT_FULL_JOIN: 0
 SUM_SELECT_FULL_RANGE_JOIN: 0
           SUM_SELECT_RANGE: 0
     SUM_SELECT_RANGE_CHECK: 0
            SUM_SELECT_SCAN: 0
      SUM_SORT_MERGE_PASSES: 0
             SUM_SORT_RANGE: 0
              SUM_SORT_ROWS: 0
              SUM_SORT_SCAN: 0
          SUM_NO_INDEX_USED: 0
     SUM_NO_GOOD_INDEX_USED: 0
                 FIRST_SEEN: 2018-05-30 14:44:59.376251
                  LAST_SEEN: 2018-05-30 15:00:46.526876
                QUANTILE_95: 251188643
                QUANTILE_99: 363078054
               QUANTILE_999: 660693448
          QUERY_SAMPLE_TEXT: SELECT * FROM d1.t1 WHERE num = 96806
          QUERY_SAMPLE_SEEN: 2018-05-30 15:00:17.487788
    QUERY_SAMPLE_TIMER_WAIT: 1973581000
3 rows in set (0.01 sec)
ちょくちょく QUERY_SAMPLE_* が変わったり変わらなかったりする。
個人的には performance_schema_max_digest_sample_age = 0 にして「一番時間がかかった時のサンプル」を残しておくのがいいかなと思ったり思わなかったり。
ちなみに、ビューに対するクエリーの場合、サンプルはビューに対するアクセスのクエリーで DIGEST_TEXT はビューを展開した後のクエリーをノーマライズするので一瞬「んっ?」となった。
慣れれば平気。
mysql80 100022> SELECT * FROM p_s.events_statements_summary_by_digest WHERE count_star > 10\G
*************************** 1. row ***************************
                SCHEMA_NAME: p_s
                     DIGEST: 9cbd44d9fdf48860a2f21597fd1d543130319eb800204c6ed51491e68ff55dcd
                DIGEST_TEXT: SELECT `performance_schema` . `events_statements_summary_by_digest` . `SCHEMA_NAME` AS `SCHEMA_NAME` , `performance_schema` . `events_statements_summary_by_digest` . `DIGEST` AS `DIGEST` , `performance_schema` . `events_statements_summary_by_digest` . `DIGEST_TEXT` AS `DIGEST_TEXT` , `performance_schema` . `events_statements_summary_by_digest` . `COUNT_STAR` AS `COUNT_STAR` , `performance_schema` . `events_statements_summary_by_digest` . `SUM_TIMER_WAIT` AS `SUM_TIMER_WAIT` , `performance_schema` . `events_statements_summary_by_digest` . `MIN_TIMER_WAIT` AS `MIN_TIMER_WAIT` , `performance_schema` . `events_statements_summary_by_digest` . `AVG_TIMER_WAIT` AS `AVG_TIMER_WAIT` , `performance_schema` . `events_statements_summary_by_digest` . `MAX_TIMER_WAIT` AS `MAX_TIMER_WAIT` , `performance_schema` . `events_statements_summary_by_digest` . `SUM_LOCK_TIME` AS `SUM_LOCK_TIME` , `performance_schema` . `events_statements_summary_by_digest` . `SUM_ERRORS` AS `SUM_ERRORS` ,
                 COUNT_STAR: 12
             SUM_TIMER_WAIT: 24253861000
             MIN_TIMER_WAIT: 925197000
             AVG_TIMER_WAIT: 2021155000
             MAX_TIMER_WAIT: 6172994000
              SUM_LOCK_TIME: 6760000000
                 SUM_ERRORS: 0
               SUM_WARNINGS: 0
          SUM_ROWS_AFFECTED: 0
              SUM_ROWS_SENT: 25
          SUM_ROWS_EXAMINED: 64
SUM_CREATED_TMP_DISK_TABLES: 0
     SUM_CREATED_TMP_TABLES: 0
       SUM_SELECT_FULL_JOIN: 0
 SUM_SELECT_FULL_RANGE_JOIN: 0
           SUM_SELECT_RANGE: 0
     SUM_SELECT_RANGE_CHECK: 0
            SUM_SELECT_SCAN: 12
      SUM_SORT_MERGE_PASSES: 0
             SUM_SORT_RANGE: 0
              SUM_SORT_ROWS: 0
              SUM_SORT_SCAN: 0
          SUM_NO_INDEX_USED: 12
     SUM_NO_GOOD_INDEX_USED: 0
                 FIRST_SEEN: 2018-05-30 17:20:00.342417
                  LAST_SEEN: 2018-05-30 17:21:16.207898
                QUANTILE_95: 6309573444
                QUANTILE_99: 6309573444
               QUANTILE_999: 6309573444
          QUERY_SAMPLE_TEXT: SELECT * FROM p_s.events_statements_summary_by_digest WHERE count_star > 10
          QUERY_SAMPLE_SEEN: 2018-05-30 17:21:11.760156
    QUERY_SAMPLE_TIMER_WAIT: 1947630000

2018年5月29日火曜日

default_collation_for_utf8mb4 なんてパラメーターが追加になっていた

何このパラメーター、と思ったら、 utf8mb4 のデフォルトコレーションが utf8mb4_general_ci (MySQL 5.7とそれ以前) から utf8mb4_0900_ai_ci (MySQL 8.0)に変わったことに対する経過措置っぽかった。
これを utf8mb4_general_ci にセットしておくと、コレーションを指定せずに utf8mb4 を使った時に今まで通り utf8mb4_general_ci を使ってくれるということ。
当然 CREATE TABLE, ALTER TABLE では想像したように動いて
mysql80 13> SELECT @@default_collation_for_utf8mb4;
+---------------------------------+
| @@default_collation_for_utf8mb4 |
+---------------------------------+
| utf8mb4_general_ci              |
+---------------------------------+
1 row in set (0.00 sec)

mysql80 13> CREATE TABLE t1 (num serial, val varchar(32) CHARSET utf8mb4);
Query OK, 0 rows affected (0.03 sec)

mysql80 13> show create table t1\G
*************************** 1. row ***************************
       Table: t1
Create Table: CREATE TABLE `t1` (
  `num` bigint(20) unsigned NOT NULL AUTO_INCREMENT,
  `val` varchar(32) CHARACTER SET utf8mb4 COLLATE utf8mb4_general_ci DEFAULT NULL,
  UNIQUE KEY `num` (`num`)
) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8mb4 COLLATE=utf8mb4_ja_0900_as_cs
1 row in set (0.00 sec)
さらにコレーションを指定しなかった時のキャラクターセットのキャスト(知ってましたかこんな機能。俺は知ってたけど使ったことはない)でもそのように動く。
mysql80 13> SELECT @@default_collation_for_utf8mb4;
+---------------------------------+
| @@default_collation_for_utf8mb4 |
+---------------------------------+
| utf8mb4_general_ci              |
+---------------------------------+
1 row in set (0.00 sec)

mysql80 13> SELECT _utf8mb4 'A' = _utf8mb4 'A';
+-------------------------------+
| _utf8mb4 'A' = _utf8mb4 'A'  |
+-------------------------------+
|                             0 |
+-------------------------------+
1 row in set (0.00 sec)

mysql80 13> SELECT @@default_collation_for_utf8mb4;
+---------------------------------+
| @@default_collation_for_utf8mb4 |
+---------------------------------+
| utf8mb4_0900_ai_ci              |
+---------------------------------+
1 row in set (0.00 sec)

mysql80 13> SELECT _utf8mb4 'A' = _utf8mb4 'A';
+-------------------------------+
| _utf8mb4 'A' = _utf8mb4 'A'  |
+-------------------------------+
|                             1 |
+-------------------------------+
1 row in set (0.00 sec)
日本人には kamipoのハハ=パパ問題 を引き起こすことで有名だけれど、ヨーロッパ圏もやっぱりアクセントが区別されなくなるのは大事だったんだなぁ、とか思ったり思わなかったり。
なお、経過措置なのでこのパラメーターには初め(導入はMySQL 8.0.11)からDEPRECATEDなワーニングを生成するようになっている。
mysql80 13> SET SESSION default_collation_for_utf8mb4 = 'utf8mb4_0900_ai_ci';
Query OK, 0 rows affected, 1 warning (0.00 sec)

mysql80 13> SHOW WARNINGS;
+---------+------+--------------------------------------------------------------------------------------------------------+
| Level   | Code | Message                                                                                                |
+---------+------+--------------------------------------------------------------------------------------------------------+
| Warning | 1681 | Updating 'default_collation_for_utf8mb4' is deprecated. It will be made read-only in a future release. |
+---------+------+--------------------------------------------------------------------------------------------------------+
1 row in set (0.00 sec)


【2018/05/29 14:48】
ちなみに、取りうる値は utf8mb4_general_ciutf8mb4_0900_ai_ci なので、 utf8mb4_ja_0900_as_cs とか指定しようとしてもダメなのです!


mysql80 13> SET SESSION default_collation_for_utf8mb4 = 'utf8mb4_ja_0900_as_cs';
ERROR 3721 (HY000): Invalid default collation utf8mb4_ja_0900_as_cs: utf8mb4_0900_ai_ci or utf8mb4_general_ci expected






2018年5月24日木曜日

"「7の倍数」を表す正規表現" をMySQL 8.0で試す

1年半くらい前に書かれたらしいけれど、ふと今日 「7の倍数」を表す正規表現 - Qiita を見つけて読んだ。
(取り敢えず今の俺の中で)正規表現といえばMySQL 8.0。
そして(取り敢えず今の俺の中で)forループ的に数値をテストするといえばCTE、CTEといえばMySQL 8.0。
やってみます。

さすがに元の正規表現は長くて直接クエリーに記述してるとめげるのでストアドファンクションにラップする。
mysql80 26> CREATE FUNCTION regexp_7(n BIGINT UNSIGNED) RETURNS INT DETERMINISTIC RETURN n RLIKE '\\A(((((([07]|(6[29]*3) <snip> )))))))))+\\z';
Query OK, 0 rows affected (0.03 sec)
バックスラッシュは二重にしなければならない、くらいで意外とすんなりストアドファンクションにできた。動くかどうかはわからない。
mysql80 26> WITH RECURSIVE seq AS(
    -> SELECT 1 AS n
    -> UNION ALL
    -> SELECT n + 1 FROM seq WHERE n < 10
    -> )
    -> SELECT n FROM seq;
+------+
| n    |
+------+
|    1 |
|    2 |
|    3 |
|    4 |
|    5 |
|    6 |
|    7 |
|    8 |
|    9 |
|   10 |
+------+
10 rows in set (0.00 sec)
そしてまあ簡単な再起CTE。
組み合わせるとこうなる。
mysql80 26> WITH RECURSIVE seq AS( SELECT 1 AS n UNION ALL SELECT n + 1 FROM seq WHERE n < 10 ) SELECT n, regexp_7(n) AS r FROM seq;
+------+------+
| n    | r    |
+------+------+
|    1 |    0 |
|    2 |    0 |
|    3 |    0 |
|    4 |    0 |
|    5 |    0 |
|    6 |    0 |
|    7 |    1 |
|    8 |    0 |
|    9 |    0 |
|   10 |    0 |
+------+------+
10 rows in set (0.12 sec)
nが正規表現にマッチした時はrが1、マッチしなければ0。
取り敢えず1~10の範囲では問題なく(MySQLの正規表現エンジンが)動いている様子。
mysql80 26>  WITH RECURSIVE seq AS(
    -> SELECT 1 AS n, 0 AS r
    -> UNION ALL
    -> SELECT n + 1, regexp_7(n + 1) FROM seq WHERE n < 49
    -> )
    -> SELECT n, r FROM seq WHERE r = 1;
+------+------+
| n    | r    |
+------+------+
|    7 |    1 |
|   14 |    1 |
|   21 |    1 |
|   28 |    1 |
|   35 |    1 |
|   42 |    1 |
|   49 |    1 |
+------+------+
7 rows in set (0.56 sec)
いい感じに見やすくなったのでnを1~49まで増やしてる。重い。
ついでにnと前回のn(LAG(n))の差を取れば常に7になるはずだと思ってWindow関数にも手を出してみる。
mysql80 26>  WITH RECURSIVE seq AS(
    -> SELECT 1 AS n, 0 AS r
    -> UNION ALL
    -> SELECT n + 1, regexp_7(n + 1) FROM seq WHERE n < 49
    -> )
    -> SELECT n, r, n - LAG(n) OVER (ORDER BY n) AS diff FROM seq WHERE r = 1;
+------+------+------+
| n    | r    | diff |
+------+------+------+
|    7 |    1 | NULL |
|   14 |    1 |    7 |
|   21 |    1 |    7 |
|   28 |    1 |    7 |
|   35 |    1 |    7 |
|   42 |    1 |    7 |
|   49 |    1 |    7 |
+------+------+------+
7 rows in set (0.62 sec)
じゃあここまでをもう一段CTEに閉じ込めて、diff <> 7のものを探してみる。
mysql80 26> WITH RECURSIVE seq AS( SELECT 1 AS n, 0 AS r UNION ALL SELECT n + 1, regexp_7(n + 1) FROM seq WHERE n < 1000 ),
    ->                     ret AS( SELECT n, r, n - LAG(n) OVER (ORDER BY n) AS diff FROM seq WHERE r = 1)
    -> SELECT * FROM ret WHERE diff <> 7;
Empty set (12.60 sec)
1~1000で12秒なら、1万件で2分くらいかしらん、と思ったら↓に当たった。
mysql80 26> SET cte_max_recursion_depth = 100000;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql80 26> WITH RECURSIVE seq AS( SELECT 1 AS n, 0 AS r UNION ALL SELECT n + 1, regexp_7(n + 1) FROM seq WHERE n < 10000 ),
    ->                     ret AS( SELECT n, r, n - LAG(n) OVER (ORDER BY n) AS diff FROM seq WHERE r = 1)
    -> SELECT * FROM ret WHERE diff <> 7;
Empty set (2 min 19.87 sec)
うん、楽しい、と、思う。