2014年7月14日月曜日

MySQL Casual Talks vol.6でTokuDBについて話してきた

去る 7/11(金) ("セブンイレブンの日とおぼえてください" (c) RKajiyama) にMySQL Casual Talks vol.6がありました。 http://www.zusaar.com/event/11507003
とぅぎゃったまとめ http://togetter.com/li/691589


↓わたしの発表スライドです。





( ´-`).oO(これ、レイテンシーのグラフとかスループットのグラフとかかなり読み飛ばしながらだったので、発表の前にslideshare公開しておくべきだったな。。

今回のネタはTokuDBという、最近(?) PerconaやMariaDBにも組み込まれているストレージエンジンのおはなし。2ヶ月くらい調べてみた感想だけ言うと、「圧縮ウマー」「一応MVCC対応してるしレイテンシーもInnoDBに比べて(ケースにはよれど) *そこまで悪くない*」「たまに静寂に陥るのがマジ怖い」「ロック粒度本当に謎」という感じで、「アプリケーションが叩いてくる本番にはまだ入れたくないけどバッチ用サーバーとかに入れて経験値をためたい」が一番素直な感想でしょうか。

公式MLが過疎ってる(中の人が返信してくれたらいいのに。。)のはちょっと問題な気がするけれど、公式Twitterはちょくちょく話しかけてくれるので、なんかこうその辺りは探りつつなんとかなりそうな予感。



いずれにせよ、誰か(いや俺じゃなくてもいいんだ)が日本語で積極的に良いところ悪いところ発信していって、
 み ん な で 地 雷 除 去
していけばいいんじゃないですかね。

ところでいまさら気付いたんですが、○racleのオフィスでPerconaとMariaDBにだけ搭載されてるストレージエンジンの話とかしてしまったので、俺が連絡を絶ったら赤い会社に消されあれ誰か来た、ちょっと待ってt

0 件のコメント :

コメントを投稿