2015年8月4日火曜日

MySQL 5.7.8のリリースノートななめ読み(変更になったパラメーターとか)

概要だけでベンチマークとかしてないです。あとななめ読みなので俺の興味のないところ(空間インデックスとか)はかっ飛ばしてます。

MySQL :: MySQL 5.7 Release Notes :: Changes in MySQL 5.7.8 (Not yet released)


* innodb_adaptive_hash_index_parts
  * Adaptive Hashのラッチを分割できるらしい。暗黙のデフォルトは8 (以前は1固定)
    * Adaptive Hashが有効だと性能が劣化する書き込みバウンドのケースで効くか?

innodb_log_checksum_algorithm
  * innodb_checksum_algorithm(や、旧innodb_checksums)がInnoDBテーブルスペースファイルのチェックサムだったのに対して、こっちはInnoDBログファイルに対するチェックサム。
    * 今までログのチェックサムは取られていなかったのだとしたら、チェックサムを取るってだけで性能が落ちそう。
  * 暗黙のデフォルトはinnodb(= ソフトウェア計算チェックサム)なので、書き込みバウンドだと性能が劣化するかも。
    * innodb_checksum_algorithmと同じく、crc32がいいと思われる。

* innodb_flush_sync
  * 今まではチェックポイント中もinnodb_io_capacityの値に従ってI/O量を制御していたけれど、チェックポイント中ってことはトランザクション止まってるのでinnodb_io_capacityの値を無視して全力でI/O動かせばいいじゃーん、っていうパラメーターっぽい。
  * 暗黙のデフォルトはON、チェックポイント中は全力でI/Oする。

* innodb_purge_threads, innodb_page_cleaners
  * 1から4に増えてる。

* /etc/init.d/mysqld stopのタイムアウトが600秒に
  * 今までは60秒

* super_read_only
  * Super_privを持ってるユーザーでもread_onlyを強制できるオプション。
  * 日々の覚書: Percona Server 5.6.21にsuper_read_onlyが来ました

* disabled_storage_engines
  * そう! MyISAM利用禁止とかできるんですよ奥さん!
    * ちなみに「今既にあるMyISAMテーブル」には何の影響も及ぼさない(= 読み込みも書き込みも可能。TRUNCATEもできた)

mysql> SELECT @@disabled_storage_engines;
+----------------------------+
| @@disabled_storage_engines |
+----------------------------+
| MyISAM                     |
+----------------------------+
1 row in set (0.00 sec)

mysql> CREATE TABLE d1.t1 (num int) Engine= MyISAM;
ERROR 3161 (HY000): Storage engine MyISAM is disabled (Table creation is disallowed).

* innodb_undo_tablespaces
  * 上限が126 => 95へ
  * とはいえそんなに大きくしなくても、innodb_undo_log_truncate に必要な2で特に困ってない。
    * 日々の覚書: MySQL 5.7.5のInnoDB undo log truncationを試してみた


なんかもうちょっとあったような。。

0 件のコメント :

コメントを投稿