2015年11月12日木曜日

MySQL 5.7のmysql_upgradeは本当にDATETIME型を新しいフォーマットに直してくれるけれど

Upgrading Directly from MySQL 5.0 to 5.7 using an ‘In Place’ Upgrade | MySQL Server Blog を読んでふと思い立ったので。

MySQL 5.7のmysql_upgradeは古いDATETIME, TIME, TIMESTAMPを新しいDATETIME2, TIME2, TIMESTAMP2に変換してくれるからmysqldumpしてからリストアしなくてもいいんだぜ! っていうのが趣旨らしい。それは素敵だ。

↓これの12番目
日々の覚書: あなたのMySQL 5.6トレンド力をチェックする15の質問


ざっと見、確かにやってくれてる。worldデータベースを ダウンロード してきて食わせてみた。
(そういえば、昔はworldはMyISAMで、InnoDB版のworldが別にあったんだけど、今はたぶんInnoDBのだけなんだろうね。1つしかない)

$ cd /usr/mysql/5.5.46/
$ ./scripts/mysql_install_db --datadir=/home/yoku0825/test_55/
$ bin/mysqld_safe --no-defaults --datadir=/home/yoku0825/test_55 &
$ bin/mysql -uroot < ~/world_innodb.sql
$ bin/mysqladmin -uroot shutdown

$ cd /usr/mysql/5.7.9
$ bin/mysqld_safe --no-defaults --datadir=/home/yoku0825/test_55 &
$ bin/mysql_upgrade
Checking if update is needed.
Checking server version.
Running queries to upgrade MySQL server.
Checking system database.
mysql.columns_priv                                 OK
mysql.db                                           OK
mysql.engine_cost                                  OK
mysql.event                                        OK
mysql.func                                         OK
mysql.general_log                                  OK
mysql.gtid_executed                                OK
mysql.help_category                                OK
mysql.help_keyword                                 OK
mysql.help_relation                                OK
mysql.help_topic                                   OK
mysql.host                                         OK
mysql.innodb_index_stats                           OK
mysql.innodb_table_stats                           OK
mysql.ndb_binlog_index                             OK
mysql.plugin                                       OK
mysql.proc                                         OK
mysql.procs_priv                                   OK
mysql.proxies_priv
error    : Table upgrade required. Please do "REPAIR TABLE `proxies_priv`" or dump/reload to fix it!
mysql.server_cost                                  OK
mysql.servers                                      OK
mysql.slave_master_info                            OK
mysql.slave_relay_log_info                         OK
mysql.slave_worker_info                            OK
mysql.slow_log                                     OK
mysql.tables_priv                                  OK
mysql.time_zone                                    OK
mysql.time_zone_leap_second                        OK
mysql.time_zone_name                               OK
mysql.time_zone_transition                         OK
mysql.time_zone_transition_type                    OK
mysql.user                                         OK

Repairing tables
mysql.proxies_priv
Note     : TIME/TIMESTAMP/DATETIME columns of old format have been upgraded to the new format.
status   : OK
Upgrading the sys schema.
Checking databases.
sys.sys_config                                     OK
world.City                                         OK
world.Country                                      OK
world.CountryLanguage                              OK

Repairing tables
mysql.proxies_priv                                 OK
Upgrade process completed successfully.
Checking if update is needed.

mysqlcheck --check-upgrade の後に、引っかかったやつに対してREPAIR TABLEしてくれている様子。


ちなみにデータディレクトリを作り直して5.6だと、

$ cd /usr/mysql/5.6.27
$ bin/mysqld_safe --no-defaults --datadir=/home/yoku0825/test_55 &
$ bin/mysql_upgrade
Looking for 'mysql' as: bin/mysql
Looking for 'mysqlcheck' as: bin/mysqlcheck
Running 'mysqlcheck with default connection arguments
Running 'mysqlcheck with default connection arguments
mysql.columns_priv                                 OK
mysql.db                                           OK
mysql.event                                        OK
mysql.func                                         OK
mysql.general_log                                  OK
mysql.help_category                                OK
mysql.help_keyword                                 OK
mysql.help_relation                                OK
mysql.help_topic                                   OK
mysql.host                                         OK
mysql.ndb_binlog_index                             OK
mysql.plugin                                       OK
mysql.proc                                         OK
mysql.procs_priv                                   OK
mysql.proxies_priv                                 OK
mysql.servers                                      OK
mysql.slow_log                                     OK
mysql.tables_priv                                  OK
mysql.time_zone                                    OK
mysql.time_zone_leap_second                        OK
mysql.time_zone_name                               OK
mysql.time_zone_transition                         OK
mysql.time_zone_transition_type                    OK
mysql.user                                         OK
Running 'mysql_fix_privilege_tables'...
Running 'mysqlcheck with default connection arguments
Running 'mysqlcheck with default connection arguments
world.City                                         OK
world.Country                                      OK
world.CountryLanguage                              OK
OK

mysql_upgrade(というか 中身でやっぱりmysqlcheck --check-upgradeを呼んでる のでどちらかというとmysqlcheck)がそもそも警告すらしてくれない。

でも直すと直る。

mysql> ALTER TABLE mysql.proxies_priv FORCE;
Query OK, 2 rows affected, 1 warning (0.00 sec)
Records: 2  Duplicates: 0  Warnings: 1

mysql> show warnings;
+-------+------+-------------------------------------------------------------------------------------+
| Level | Code | Message                                                                             |
+-------+------+-------------------------------------------------------------------------------------+
| Note  | 1880 | TIME/TIMESTAMP/DATETIME columns of old format have been upgraded to the new format. |
+-------+------+-------------------------------------------------------------------------------------+
1 row in set (0.00 sec)

直るということは、その前までは旧TIMESTAMP型だったんだろうということは想像がつく。

で、取り敢えずはMySQL 5.6でできなかったことをできるようになってて5.7すごい! って言えばいいんだけど、実際に問題になるのはここではなくて、


日々の覚書: MySQL 5.6への移行でmysqldumpを使わなかったらどうなるか

( ´-`).oO(前半部分が盛大に間違っているという残念なエントリーだけどこれの2番目。


===ほぼ引用===
((マスターはmysql_upgradeでアップグレード && スレーブはmysqldumpからリストア) || (マスターはmysqldumpでアップグレード && スレーブはmysql_upgradeでアップグレード)) && (バイナリーログがROWモードで記録された) 場合に、マスターで記録された型情報とスレーブで再生されようとする型情報に不整合が発生するので、

mysql56> SHOW SLAVE STATUS\G
..
    Last_SQL_Errno: 1677
    Last_SQL_Error: Column 0 of table 'd1.t2' cannot be converted from type 'datetime' to type 'datetime'
..

こんな訳のわからない(datetime型からdatetime型への変換に失敗した)エラーでSQLスレッドが転ける。STATEMENTモードでは影響を受けないが、binlog_format= MIXEDでROWモードにフォールバックするようなクエリーが流れているとこれの直撃を食らう。
===ここまで===

なので、マスターが旧DATETIMEでスレーブが旧DATETIMEで、絶対にmysqldumpとかしないと言い切れるなら(非推奨なことを除けば、だけど、10年も前に非推奨になったold_passwordsがこの前まで生きてたんだから、そういう世界線なんだここは)RBRのエラーも起こらないはずなので構わないといえば構わない。

どちらかというと「マスターが5.5でスレーブが5.6以降」だと、CREATE TABLEで新しくテーブルを作った時にもマスターでは旧DATETIME型、スレーブでは新DATETIME型になってこれを踏むことになる。これはmysql_upgradeを使ったインプレースアップグレードだったか、mysqldumpを使ったダンプアップグレードだったかは 関係ない ので、5.5と5.6の間をまたぐレプリケーションはそう長く運用しない方がいい。

スレーブ作り直すの大変だ った と思うよ。

0 件のコメント :

コメントを投稿