2012年9月27日木曜日

Infobrightのバックアップを考えてみる

ぼんやりと色々考えてみる。

・Community EditionはINSERTが使えないので、そのままmysqldumpを取る訳にはいかない。
 ・取れるけど、一度まともなMySQLサーバーにリストアして、
  そこからわざわざSELECT .. INTO OUTFILE ..でエクスポートする必要があるので無駄。
 ・BRIGHTHOUSEエンジンはLOCK TABLE構文に対応していないので、
  --skip-lock-tablesを指定すること。

・というかそれならmysqldump --tab=..で取りたいところだけど、
 --tabオプションは--all-databasesと一緒に使えないので
 シェルスクリプトの中で全データベースをさらってやる必要がありそう。
 ・リストアはおんなじ様にデータベースをさらってやりながらmysqlimportでやる感じ。

・ド本命はファイルバックアップ。
 ・日本語ユーザーガイドでも推奨されてるし。
 ・ファイル圧縮率が高い(1/10くらいになる)ので、50GBの生データでも5GB。
  tarボールで固めてやるならそんなに時間かからないはず。


…別に24 * 365動かさなきゃならない理由が見付からないので、
どう考えてもファイルバックアップか。。

バイナリログを有効にしてBRIGHTHOUSEエンジンのテーブルに
LOAD DATA INFILE ..を叩いたら、ログできないよ! って怒られた(´・ω・`) < 増分バックアップ無理ー。
これ、商用版はできるのかな?


【2012/09/28 15:40】
ちなみに、binlog_format = ROWで

ERROR 1598 (HY000): Binary logging not possible. Message: Statement cannot be logged to the binary log in row-based nor statement-based format

と怒られたのでSTATEMENTにしてみたけど同じエラーが返ってきやがった(´・ω・`)
perrorで1598を調べると、Illegal error codeって言われるし(´・ω・`)

0 件のコメント :

コメントを投稿